クリエイティブ求人【映像関連】

映像関連のクリエイティブ求人には、希望する仕事の内容や、専門性によって、さまざまな職種に分かれます。例えば、同じテレビで放映されるため制作の仕事であっても、情報を伝えることを中心としておこなう「報道部門」と、ドラマやなどを手掛ける「映像部門」とに分かれています。

番組を制作するという意味では、何ら大きな違いはありませんが、ドラマが仕上がるまでには、多くのスタッフがかかわっています。ドラマの企画や出演者などの選定、宣伝活動や予算の把握などの総責任者である「プロデューサー」を中心にして、現場指揮官にあたる「ディレクター」、女優や俳優などの「出演者」、撮影をおこなう「カメラマン」、作品のイメージに合わせたセットを製作する「美術担当」、その他にも「照明担当」や「音声担当」、撮影した映像を編集加工する「編集担当」、話の素である台本を作り上げる「脚本家」、広く宣伝活動をおこなう「広報担当」など、たくさんの方がかかわっています。

テレビ局に直接採用されて業務にあたっている職員と、番組制作会社に所属し、ドラマなどの撮影に関わる場合とがあります。映画やテレビ、ビデオなど、映像関連のクリエイティブ関連事業では、インターネットなどでの映像配信の普及にともない、業務内容の幅や規模に変化が出始めています。もともと映像関連事業に興味があり、転職を希望している場合には、いくつかの方法がありますが、映像関連に詳しいエージェントにあたってみるのもよいでしょう。

いわゆる業界のことは、内部の方でないと分からないことも多いものですし、万が一希望する職種の求人が出たところで、一般に公開されないままに、採用者が決まってしまう場合も少なくないからです。映像関連に詳しく、いくつもの採用実績を持つエージェントは数多くあります。中でも、ランキング形式になっていますので、個々の希望に即したエージェントで、相談、検討してみることもおすすめです。

映像関連の業務には、専門性の高い仕事内容も多くなっていますので、これまでに何をおこない、どんなことがアピールポイントであるかなど、まとめておくとよいでしょう。各エージェントには、このような採用に関わる履歴書の書き方や、面接の受け方などにも詳しく、的確なアドバイスをしてくれるアドバイザーもいますので、効果的に利用してみるとよいでしょう。また、各制作会社によって強みとしている業界や会社が異なる場合もありますので、その点にも詳しいエージェントの存在は、大きな力となってくれることでしょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!