クリエイティブ求人【マスコミ】

マスコミというと、ついつい目にすることの多いアナウンサーやレポーター、タレントなどばかりに注目してしまいがちですが、その方たちのおこなっている業務以外にも、裏方の仕事も含めると数え切れないくらい多くの業務があり、たくさんの方がマスコミでは働いています。

テレビ業界では、景気の影響によってスポンサーの広告料の収入に、大きな影響を受けやすくなっています。しかも、近年では、マスコミ=テレビやラジオ、新聞といった時代とは異なり、高速通信が急速に普及し、インターネットの利用も、若年者から高齢の方までに広がりを見せています。そのため、これまで主流だったテレビや新聞、雑誌などのマスコミに与える影響も大きくなっています。求人の傾向や求職者側の希望も変化しつつあります。

マスコミの仕事では、アナウンサーやキャスター、DJ、レポーターなど直接視聴者に接することの多い職種から、芸能界のマネージャーや番組制作スタッフなど、番組を制作側で支えている方々、人事や経理など内部の事務的な業務をおこなっている方など、それぞれの役割を担っています。

マスコミの中でも、例えば番組を制作する現場では、情報を伝達する役割を担う、アナウンサーの存在は必要不可欠ではあるものの、照明スタッフや音響スタッフ、美術スタッフの存在も欠かせません。また、番組の構成を考慮した上で、台本や原稿などを作成する放送作家などの仕事もあります。

人気のマスコミの仕事ですが、一般的には、それぞれの役割を専門的に学んだ方が活躍している場合が多くなります。実際には、一括採用し入社後に制作や報道などに分かれたりすることもありますし、もともとマスコミ関係の営業に絞って募集するなど、採用方法も各社異なる場合があります。また、それぞれ、テレビ局に所属しているのではなく、製作会社など、個々に採用になっている場合も多くなります。

マスコミ関係の求人を見てみると、そもそも人数的に少なめの求人であることが多いようです。求人情報も一般に手に入れられるものばかりではなく、非公開のうちに募集がなされていることも多くなっています。サイト内には、マスコミの求人に特化している、専門のエージェントもあります。マスコミの業務が細かく細分化されている上に、求人自体が少ない傾向にありますので、マスコミへの転職を希望する方にとりましては、就職することも求人情報を得ること自体でさえ、困難であるといっても過言ではないでしょう。専門のエージェントを上手に活用し、希望する条件に合う求人情報を手にしましょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!