クリエイティブ求人【デザイン関連】

デザイン関連の仕事は多岐にわたっています。「Webデザイナー」は、依頼主であるクライアントの意向や掲載目的に沿ったものを、自分自身の感性を活かしてデザインしています。企業の広告や商品情報、さまざまな情報の発信をおこなっていますが、いくらクライアントの意向であっても、目に留まらない情報では意味がありませんので、対象となる多くの方を魅了し、見ていただけるような広告を作るセンスや工夫が「Webデザイナー」には求められます。

そして、特別な資格は無くても、デザインの技術やプログラミングの知識は必要になります。おしゃれなお店の中や街角に目を向けると、心安らぐ照明での演出に、癒されることがあります。照明にもデザイナーがいます。「照明デザイナー」です。このような照明には、「照明デザイナー」がかかわっていることの多い仕事です。同じデザイン関連でも、照明を使って光とその影、イルミネーションなどを演出する「照明デザイナー」には、光や影が人に与える印象や、心理的影響への知識が必要になります。

また、空間を効果的にデザインできる発想力も不可欠でしょう。特に「照明デザイナー」は、インテリアコーディネーターや建築家、施工主などとのコミュニケーションで、照明のイメージをつかむことになりますので、コミュニケーション能力も欠かせない要素になります。

ほかにも、空間を演出するといえば、色とりどりの花を使って表現する「フラワーデザイナー」もデザインをおこなう専門家です。TPOに合わせたデザインと色、また花材によっては場に適さないものもありますので、デザインの良さと共に、それらの知識を備えた方が必要になってきます。

このように、デザイン関連の職業にはたくさんの種類がありますが、デザイン関連の仕事では、デザインが好きなだけではなく、発想力が豊かで、創意工夫ができる人材が求められます。また固定観念にとらわれることなく、柔軟な発想ができないと、クライアントのイメージに合うことは難しくなってきます。その上で、高度な技術力が求められるのです。

デザイン関連の求人は、職種によって内容も条件もさまざまですが、それまでの経験を活かしつつも、新たな成果が得られる職場を求めたいものです。求人情報を調べるには、いくつもの方法がありますが、デザイン関連の求人に詳しいエージェントを、上手に活用するのもよいでしょう。各エージェントでは、それぞれ独自のノウハウを持っていますので、自分の希望するエージェントを活用し、より合った転職先を探しましょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!