クリエイティブ求人【化粧品会社】

化粧品会社には、大手の化粧品会社から自然派化粧品のみを扱う会社、通信販売のみをおこなっている会社など、各社業務形態はいろいろありますが、大きく分けて国内の会社と、外資系の会社の2種類があります。

化粧品会社では、新商品の開発や成分などの分析、研究開発をおこなう「研究開発部門」や、マーケティング調査をおこなったり、新商品の販売に対する年齢層などのターゲットを選定したり、販売戦略の構築などをおこなっている「商品企画部門」、製造された製品や開発された商品の品質管理、生産量の管理や決定、製品の包装や製造設備の管理などの管理をおこなう「生産部門」、デパートやドラッグストアなどで勤務している販売員を教育する「商品拡販・営業部門」、その他にも、化粧品会社でなくても一般的に設置されている、「人事部門」や「経理部門」、「総務部門」などをおこなう、事務系のいろいろな部署があります。

化粧品会社では、きれいになりたいと願う多くの女性や、美容に関心のあるすべての人に向けて、スキンケアの提案や商品提供をおこなっています。中でも新商品の開発には、各社昼夜問わず研究を重ね、しのぎを削っています。化粧品に興味や関心があり、転職先の候補として化粧品会社を考える場合、前職で何をおこなっていたか、また、これまで学んできたスキルによっても、採用部署が異なってくる場合が多くなっています。

もちろん、専門的に化学成分や皮膚組織などに詳しく、研究員として迎え入れられる場合や、営業の経験を活かして、化粧品拡販のための新たな開拓をおこなうなど、さまざまな求人もあります。部署によっては、所属人数や人事異動などが少なく、求人情報が出にくいところも多くあります。

クリエイティブ求人として化粧品会社を希望する場合、雇用形態をよく調べた上で応募した方がよいでしょう。研究員などの特殊な部門では特に、一般的な方法での求人方法をとらずに、非公開のうちに採用をおこなっている会社も少なくはありません。その点、化粧品会社の人事や求人に詳しく、転職求人を専門的に扱っているエージェントがいくつかあります。もちろん、非公開の求人情報も多く取り扱っていますので、希望により近い形での転職も可能になります。数ある転職エージェントの中でも、これまでの実績や転職成功率、顧客満足度などから判断した人気ランキングもありますので、利用の際には参考にしてみるとよいでしょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!