クリエイティブ求人【建築会社】

建築会社では、一戸建て住宅からオフィスやマンションなど、多くの建築物の建設に関わっています。建築業界全体を見てみると、2011年度の震災復興需要などにより、それまで低迷していた建設投資も増加傾向に変化しました。建築会社には、建築士の国家資格を持った人や、計画や設計、施工に大きくかかわる設計士、施工に関する管理や依頼主と会社とを結び付ける営業担当者、空調や電気などの設備、その他、総務や人事、経理など会社を中から支える事務員などで構成され、業務がおこなわれています。建設会社によっては、土日に出勤となる会社も多くありますので、求人情報を確認する際には、トラブルのないようにしましょう。

建築士は依頼主の要望や条件と共に、建築現場において、建物が建築基準法などの法律上に問題がないかなどの確認もおこなっていますし、要望に応えた設計図を作成し、提案しています。また、実際に設計図通りに建築工事がおこなわれているかを確認することもあります。建築会社の営業員と共に、依頼主の意向を上手に組み入れ、より快適で使いやすい建物になるように努めています。

またコンピューターで設計をおこなう「コンピューター支援設計」、いわゆるCAD(Computer Aided Design)といわれる技術者がいますが、建築会社でも大活躍しています。CAD技術者にとって建築会社は、それまでに修得して来たスキルが活かせる職場ですし、逆にいえば、CAD技術者には、経験に裏付けされた技術や知識が求められてきます。

しかし、いくらCADの知識があったとしても、CADの技術は日々進化していますので、向上心を持って新しい知識や技術を身につけようと努力できる人材でなければいけません。建築物を作る際、設計士やデザイナーが作成した作図を基にして、多くの場合、CAD技術者が正確な図面への書き換えをおこなっています。現在では、コンピューターがあらゆる方面で活用されていますが、建築会社の中でも、CAD技術者の存在は大きく、重宝されています。

大きな建築会社では、CAD技術者も社内に所属していますが、会社によっては社内には所属させずに、設計事務所に依頼し、構想を基にして、コンピューターを使った図面起こしをしているところもあるようです。CAD技術者に特別な資格は要りませんが、実力重視である部分が大きいため、転職の際にはこれまでの経歴と共に、実際に設計したものや、作業にともなう実技を問われることもあるようです。

どちらにしても、アイディアに富み、依頼主や会社の意見を総合的に判断することができ、その上で、良きアドバイスができるようでしたらよりよい仕事へつなげることができるでしょう。自宅できる作業も多く、実際に生活しながら感じたことを活かせる場面も多いために、女性にも人気業務になっています。人気の業務につきましては、より良い条件の求人情報を待っている方もいますので、専門のエージェントに相談し、自分の希望に合った求人情報の提供を依頼することもよいでしょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!