クリエイティブ求人【広告代理店】

広告代理店の主な業務は、広告主であるお客様が伝えたい商品内容や発売時期、イベント開催などのメッセージを、新聞や雑誌、テレビなどのマスメディアを通して、対象となる一般消費者にお知らせすることです。

広告代理店は、広告主の意図することやアピールしたいことを正確に汲み取り、消費者のニーズに合わせた上で、印象に残るように、効果的に伝えなければなりません。そのためには、世の中の動きや流行を常に敏感に感じ取れる感性と、商品などの内容を、正しく伝えられる能力が求められます。

もちろん広告主にも、広告にかけられる宣伝費の予算がありますので、予算の範囲内でより効果的な広告の方法などを企画し、提案しなければなりません。多くの場合、複数の広告代理店が広告主に企画提案し、競争入札することになります。消費者にとりましても、広告から受けるイメージは大きく影響しますし、広告の内容によっては、購入意欲も湧いたり減少したりしてしまうものです。

また、広告主にとりましても、広告の出来栄えいかんによっては、経営を左右してしまうほどの影響力を発揮しますし、営業戦略上でも大切なものです。ひとことで広告代理店といっても、細かく見てみるといくつかの種類に分かれています。電通や博報堂など、会社名を1度は聞いたことのあるような大手の広告代理店は、総合的に幅広い内容の広告を扱っています。またそれら以外にも、ある特定の特化している分野のみを扱う、専門性の高い広告代理店もあります。

それらの広告代理店は、インターネットや雑誌、ファッションなど得意としている分野がそれぞれ異なりますので、就職を希望する際には、扱う広告の内容にも注目してみるとよいでしょう。自分自身が関心のあり、得意分野で広告代理店を探してみたり、その代理店が過去に扱った広告を調べてみたりするのもよいでしょう。広告代理店に転職を希望する場合、特に同業他社に所属していた場合には、これまでにどのような広告や事業にかかわってきたか、どのような広告を実際に作成して来たかなどを問われることもあります。逆に、全く違う業種からの転職の場合には、なぜ広告代理店を希望するのかをきちんとまとめておくとよいでしょう。

求人情報を調べる場合には、広告代理店に詳しいエージェントを活用してみるとよいでしょう。業界の内容や、転職に対する的確なアドバイスも受けることができますし、一般ではなかなか手にすることのできない、非公開の求人情報を得ることもできるからです。サイト内には、広告代理店の求人事情に詳しいエージェントの、人気ランキングもありますので、自分自身の希望に合ったエージェントを探してみましょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!