営業職からクリエイティブ系へ転職

これまで営業職で活躍していた方の中には、クリエイティブ系の職は土俵違いだと思っている方もいるかもしれません。また逆に、営業職に就いてはいたものの、なかなか思うような成果を上げることができずに、営業職が向いていないと感じている方もいることでしょう。営業をしている中で、クリエイティブな職に接し、「自分ならこうしたい」と、思いを募らせていた方もいるかもしれません。どの方であっても、クリエイティブ系への転職は可能なのです。

営業の業務では、自社で扱っている商品の良さをいかにアピールし、販売網を拡充していくかが主な業務内容になってきますが、クリエイテア系の職にも、似たような業務内容も多くなっています。また、営業職で身に付けた「お客さまのニーズに応える」や、「必要とされているものを察する」ノウハウが、モノを作り上げていく「クリエイティブ系」の仕事には、大切になってきます。

さまざまな種類の仕事がありますが、全般的に考えてみても、クリエイティブ系の仕事は特に、自分の中にあるものや「こう作りたい」という思いを表現し、作り上げていくものだからです。クリエイティブ系の業務では、依頼者であるお客様のニーズに応えた作品の製作や、世間に受け入れられるような製品作り、新しいものへの探求心や好奇心からくる開発力が求められてきます。

営業職で活躍していた際、業務をおこないながら自然に身に付けた、社会人としてのノウハウはたくさんあることと思いますが、お客様のニーズを察し提案することや、自社商品の魅力を最大限にアピールすること、先を見通しながら業務をおこなうことなど、クリエイティブ系の業務に活かせることや共通することは、案外たくさんあるものです。ほかにも、自分自身で営業をしている際に必要だと思っていたものの開発や、アイディアは、そのままもの作りに活かされてくることでしょう。

実際にクリエイティブ系の仕事を探す際には、まずはじめに、何に興味や関心があるのか、どんな分野を得意としているのかなど、自分自身を振り返ってみるとよいでしょう。その上で、仕事探しをしてみると案外早く希望の職が見つかるはずです。

クリエイティブ系の転職を専門に扱っているエージェントの中には、適性診断をおこなっている所もあります。また、それぞれのエージェントの多くには、クリエイティブ系の職にも詳しいアドバイザーが所属し的確なアドバイスをしていますので、相談してみるのもよいでしょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!