海外勤務できるクリエイティブ求人

海外勤務の経験のあるエンジニアも増えていますが、その中でも最も多かった赴任先は中国です。あるデータによると、3人に1人が中国勤務を経験しているほどポピュラーです。続いて多かったのはアメリカで、5人に1人くらいの割合で渡航経験があります。中国の経済発展は目覚ましく、エンジニアのニーズも高まっています。またシリコンバレーに代表されるような最先端技術のターミナル国のアメリカも、エンジニアの活躍できる土壌が整備されていると言えます。そのほかには、東南アジアに勤務経験のあるエンジニアが多いです。東南アジアもタイやシンガポールをはじめとして、中国をしのぎかねない経済発展をしている国もあるため、今後赴任する可能性は十分あります。東南アジア諸国は勤勉でまじめな人が多く、日本人との相性もいいとされます。このため、今後東南アジアにおけるエンジニア求人は人気になる可能性は高いです。

日本のクリエイティブ力は、世界中で高く評価されています。そこで海外勤務のエンジニア求人を見てみると、デジタルクリエイティブを提供できるような求人も盛んに出ています。WEBやスマホアプリのデザイン、グラフィック・キャラクターデザイン、アーティスティックな領域にわたって活躍できるような人材が求められています。実務経験の必要な案件が多いですが、3年以上とハードルがそこまで高くない求人もしばしば出ています。若い人でも海外で活躍できるような募集もありますから、チェックしてみましょう。

海外に支社を持っている日系の企業、もしくはこのような会社と取引のあるIT系企業で海外勤務もあるエンジニアの募集の出ることもしばしばあります。自社内システムの開発業務が中心となります。WEBやオープン系システムの開発経験があると、就職にあたっての有力な武器になります。中にはブランクのある人でも歓迎する求人もありますから、既婚女性で職場復帰したい、海外で可能性を試してみたい人にうってつけの案件も見られます。

大量に人材を募集している案件も時折出ています。中には5名募集しているような求人もありました。試用期間を設けている、研修プログラムの充実している案件もありますから、実務経験が浅い人でも募集しやすいようなものも見られます。海外勤務経験のあるエンジニアの体験談を見ると、言語に関してはあまり高いレベルのものは必要なく、片言でも一緒に仕事をしていく姿勢を見せれば、職場に溶け込めると言います。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!