既卒者向けのクリエイティブ求人

クリエイティブ求人で特に既卒者向けを見てみると、新卒者との区別なく採用を考えている企業がある一方で、退職した理由や、職につかなかった理由を問われるところもあります。単にひとことで「既卒者」といっても、年齢や社会経験などさまざまです。

ここ数年、日本経済事情の悪化や就職状況の厳しさから、卒業後にも定職につかずにいる人や、いったん就職したものの、その職を離れた方も増えています。中には、若者の3人に1人はいったん就職した人でも離職し、定職につかずにいるという説もあるほどです。

そのような既卒者といわれる人の中には、有能な方も多くいることも事実です。また、一度社会人を経験していることから、一般的な社会人のマナーなどが身についた方も多く、少ない研修で即実践の場で活躍できる人もいます。そのために「新卒者」と区別し、卒業後に就職経験のない人や離職者を含め、卒業後3年くらいの人たちを総称して「既卒者」と呼んでいるのです。

クリエイティブな企業によっては、あえて既卒者向けの採用枠を設ける企業も多くなっています。逆に未経験者の方が可能性も未知数で、企業になじみやすいことも多いということで、経験の少ない方に求人が集まることもあります。どちらにしても、企業の採用側からみると、「企業に対する熱い思い」や、「期待していること」、「数あるクリエイティブな企業の中でも入社を希望した理由」、「これまでに何をおこない、どのようなことに興味や関心を持っているのか」など、その人の思いが重要視されているようです。

クリエイティブ求人情報を扱うエージェントは数多くありますが、その中でも、新卒者と既卒者を分け、特化して求人情報を扱っているサイトもありますので、そのような転職専門のエージェントを、上手に活用してみるとよいでしょう。クリエイティブ求人には、さまざまな種類がありますが、発想力や独創性を重視しているところも多いため、比較的柔軟性に富んでいる企業が多くなっています。そのような業界の事情に詳しいアドバイザーが、それぞれの転職を扱うエージェントには所属していることもありますので、相談してみることもおすすめです。

また、履歴書や職務経歴書は、採用を左右する第一歩といえる書類です。細かい部分の書き方など、就職活動をする際の細かい注意点なども的確にアドバイスしてもらえますので、上手に付き合いたいものです。エージェントを活用して、希望のクリエイティブな仕事を手にしましょう。

クリエイティブ系の転職をするならココ!

対応エリア 料金 会社名 詳細
全国 無料 株式会社リクルートキャリア 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較する!